函館視覚障害者福祉協議会の沿革

1949年(昭和24年)
 函館盲人福祉協会結成。
 初代会長に三浦稔造氏就任。

1966年(昭和41年)
 会長に鈴萩一郎氏就任。
 堀川町の青い鳥ハウスを会の活動拠点とする。

1971年(昭和46年)
 法人格を取得。
 会の名称を「社団法人函館視力障害者福祉協議会」とする。

1981年(昭和56年)
 会の活動拠点を青い鳥ハウスから函館市身体障害者会館(堀川町)に移す。

1994年(平成6年)
 会の活動拠点を函館市総合福祉センターに移す。
 鈴萩氏に代わり岩波勝二氏が理事長に就任。

1999年(平成11年)
 創立50周年記念式典・祝賀会を湯川観光ホテルにおいて挙行する。

2006年(平成18年)
 岩波氏に代わり有田幸司氏理事長に就任。

2007年(平成19年)
 有田理事長急逝。
 島信一朗氏を理事長代行とする。
 会の名称を「函館視覚障害者福祉協議会」とする。

2008年(平成20年)
 島信一朗氏が理事長に就任。

2009年(平成21年)
 創立60周年記念祝賀会・記念コンサートを花びしホテルで開催。

2013年(平成25年)
 法人格を一般社団法人とする。
 これに伴い会の名称を「一般社団法人函館視覚障害者福祉協議会とする。